Text Size : A A A
こんばんは!

かくりよの宿飯5巻、浅草鬼嫁日記1巻、かくりよコミカライズ1巻がもう発売されている書店さんもあるみたいですね。
入手報告や感想をありがとうございます^^

さて、実のところ今月はもう一冊新作がございます。
今日はこちらのご紹介です。
Img_82d18fca46281672ac94a59180f5b224

「鳥居の向こうは、知らない世界でした。~癒しの薬園と仙人の師匠~」

発売日:11/24
出版:幻冬舎文庫
イラスト:防人 様


表紙の繊細で美しい世界観に、惚れ惚れいたします。
今までの私の作品の表紙とは、また違った印象なのではないでしょうか?
とはいえ、ロゴのフォントはかくりよの宿飯と同じもの(だと思う)ので、こちらを見た時は実家のような安心感が……^^


あらすじです。
複雑な家庭事情を抱える女子大生の夏見千歳(なつみちとせ)は、
二十歳の誕生日に、ある神社で黒うさぎに誘われ、千本鳥居を越えて
見知らぬ世界へたどり着く。
そこは古い日本や中国に近い文化を持つ「千国」。
〝千華街〟という千国最大の城下街の隅に薬園を持つ、
毒舌で長寿の仙人(イケメン)・零に出会う。
千歳は行き場がなかったところを零に助けられ、彼に弟子入りし、薬園のお世話をしたり、小さな薬局で働くことになる。
厳しいが愛情深い師匠・零の元で仙薬や薬膳の知識を学び、千華街の住人や王家との関わりの中で、千歳は自分自身の居場所や、やるべきことを見出していくのだが……(以下省略)

和風中華な異世界ほっこりスローライフって感じです。
様々な生薬を使った薬膳料理が数多く出てきます。
薬が題材なのは、デビュー作である「僕の嫁の、物騒の嫁入り事情と大魔獣」以来ですね。
またああいう、薬園のある物語を書いてみたいと思っていました。
僕嫁を彷彿とさせる、変な精霊みたいなのも出てきます。

主人公の千歳が読書家でピアノが得意という文系少女なので、
いくつかの名作や詩、曲を引用し、モチーフにして物語を進めています。
和製・不思議の国のアリス、とも言えるかもですね。
東洋の風吹く異世界幻想譚、どうぞよろしくお願い致します。


こちらの作品、最初の企画コンセプトは「鳥居トリップ」でして、
鳥居を越えて、どこか遠く知らない世界に行けたらー……みたいな、
私の中学生の頃の妄想を幻冬舎の編集さんに恥ずかしげも無く話していたら「それやりましょうか」みたいになりました。

え、幻冬舎さんでこれやっちゃっていいんですか!? と。自分で話しておきながらたまげたのであります。(私の中で幻冬舎さんは一般文芸の硬派なイメージがあります。まず私のライトな内容&文体が許されるのか今でもガクブルしてます。)

もともと幻冬舎さんにお声掛けいただいたのは一年以上前で、
最初は、別の現代物の企画が通っていました。
ただかくりよの宿飯や鬼嫁の連載もあり、
なかなか執筆時間が取れずにいたところ、最初にお声掛けくださった編集さんが異動になり、
新しい編集さんに変わったところで、こちらの「鳥居トリップ」を企画し進めることになりました。

スケジュールがあっぷあっぷになっていたのですが、
私のやりたいものをそのまま受け入れてくださり、編集さんが一生懸命企画を通してくださったので、執筆もスムーズに進めることができました。



かくりよの宿飯、浅草鬼嫁日記、かくりよコミカライズなど、
今月はこれだけでも凄いボリュームです。
なんかもう、奇跡的な星の巡り合わせで、色々と重なってしまいました。
(執筆時期は全部違うんですけどね…!)
とくにかくりよの宿飯関連には特典が数多くあったのもあり、数冊買ってくださった方も居たみたいで、本当にありがとうございます…っ;;

さらに「読んでください!」と言うのは厚かましいお願いなのですが、
もしあらすじなんかでご興味持っていただける要素がありましたら、どうぞお手にとってみてください。
「そういや友麻もう一冊あったな」と、冬の読書本を探している時に思い出していただければ嬉しいです。


じじい口調の毒舌イケメン仙人×孤独な文系女子大生

はい、こういう組み合わせです!(ポイッ)



ではでは、どうぞよろしくお願い致します。


おはようございます!

11月15日発売の書籍(かくりよの宿飯5/浅草鬼嫁日記1/かくりよコミカライズ1)について、特典の情報が解禁されましたのでご報告です。


〜〜〜〜〜〜〜〜


特典その1
【かくりよの宿飯×浅草鬼嫁日記 SS】

 ・未来屋書店 様
 ・三洋堂書店 様
 ・BOOK EXPRESS 様

今回はこちら三つの書店さんで特典SSを配布していただきます。
なんと、かくりよの宿飯と浅草鬼嫁日記のコラボSSです!
大旦那様が現世出張の時に浅草に立ち寄ったら……
という感じの、本編ともちょっぴり繋がっている物語。
【葵×真紀】【大旦那様×馨】【大旦那様×スイ】の三つの組み合わせでの会話劇になります。
どの書店さんがどの組み合わせのSSかは、発売までのお楽しみっ!

※こちらは上記の書店さんで、「かくりよの宿飯5」をご購入の際ゲットすることができます。
「浅草鬼嫁日記1」のみではゲットできないので、ご注意ください。

※未来屋書店さんのSSに一部ミスがありました。終盤の馨と大旦那のセリフ主の表記が入れ替わってしまっていて、馨のセリフを大旦那が、大旦那のセリフを馨が言っている箇所があります。
大変申し訳ありませんでした!! お手数ですが、気になってしまうようでしたらペンなどで書き直したり、入れ替えて頂けましたらと思います;;本当にすみませんっ!!


特典その2
【コミカライズ連動ペーパー(SS)】

 ・アニメイト 様
(コミックス購入者に文庫の、文庫購入者にコミックのペーパーが配布されます)

友麻の書きましたSSペーパーは、アニメイトさんでコミックを購入していただくとゲットできるという仕組みです。逆に、アニメイトさんで原作小説の「かくりよの宿飯5」を購入していただくと、衣丘さんによるコミックのペーパーがついてきますよ!



特典その3
【原作小説&コミカライズ単行本 同時購入特典】

こちら、「かくりよの宿飯5」と「かくりよコミカライズ1」の両方を買っていただいた方への
合同フェア特典になります。
両方の帯にパスワードがありますので、そちらをフェア特設サイトで入力していただく、という感じです。

<閲覧方法>
①QRコードを読み込むか、URL入力で、フェア特設サイトにアクセス!

フェア特設サイトはこちら←

②特設サイト内にあるパスワード入力ボックスに対象書籍2冊の帯の折り返しに載っているパスワードをそれぞれ入力。
③ID認証サイトでTwitter・Yahoo・Google・Facebook・LINEいずれかのIDを入力。
④入力したID宛てに閲覧URLが送られてくるのでクリックしてください。

友麻は短編小説を書かせていただきました。
内容は、時系列的に原作1巻後の、天神屋メンバーでの小話になります。
原作5巻とコミカライズ1巻どちらも購入したぞという方いらっしゃったら、
ぜひアクセスして読んでみてください^^
なんと言っても、衣丘さんの短編漫画が素敵ですのでっ!!


〜〜〜〜〜〜〜



今回、特典はこちらの三種類になります。
がっつりたっぷりですねえ〜。自分で言うけど頑張りました。

特にかくりよの宿飯と浅草鬼嫁日記のコラボSSは、
かくりよの大旦那様と、鬼嫁日記の高校生夫婦の関係が見えてくる、
結構貴重なSSなんじゃないかなーと思っております。
ああ、この人たち普通に知り合いなんだな、という感じですので…!
よろしければ、ぜひぜひゲットしてやってください!!


どうぞよろしくお願いします^^

おはようございます。

11月15日に富士見L文庫さんから小説を二冊出していただきますので、ご報告です。
一冊はかくりよの宿飯シリーズの第五巻で、
もう一冊がカクヨムさんの方で公式連載しておりました浅草鬼嫁日記の文庫版です。

Img_9a8f89a83f49c6f45053142e0e919125
【かくりよの宿飯五 あやかしお宿に美味い肴あります。】
・発売日/11月15日
・イラスト/Laruha様


今回もLaruhaさんによる繊細な表紙が美しいですね〜〜っ><
そして大旦那様……の表紙の扱いは1巻がピークでした。笑
2巻、4巻、そして5巻と、最近は小さな扱いに「大旦那様を探せ」シリーズと化しております。
小さいけどドヤ顔大旦那様かっこいいという罪深さです!!
ギリギリのところでいつも皆勤賞のこのひと。
小さくても良い……どこまで皆勤賞の記録を伸ばせるか、見守りたいですね……っ

双子の鶴童子はびっくりするくらい私のイメージ通りでして、
シンメトリーなのがとても可愛らしいのです。
乱丸氏もイケメンですね〜〜。荒々しく燃える赤毛が綺麗です。
銀色の美女は……いったい何銀次なんだ……
あ、葉鳥さんは前回メインヒーローばりの扱いだったんで、今回は控えめです。
でも表紙にいるだけ奇跡的な気もします。


さてさて、こちら4巻から続く折尾屋編の後編となります。
南の地の呪いをめぐる儀式、また葵の手がける海宝の肴をおたのしみに!
今回はご飯と一緒に食べる家庭料理というより、お酒に合うお料理が多いかもです^^
お肉食べたくなるかも、と予告しておきます。結構な肉祭りです。





Img_f78560ce434284615aca83515e151330
【浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。】
・発売日/11月15日
・イラスト/あやとき様

艶のある、でもどこか情緒を感じる色使いが大好きです……っ!
あやときさんには数多くの要望を取り入れていただき、こちらの表紙を描いていただきました。
リアルな浅草寺の仲見世通り、また会話が聞こえてきそうな真紀と馨。見守る由理。
とっても素敵な表紙をありがとうございます!!
手鞠河童が足元にわらわらいて、私の大好きなミニオンズを思い出したりしました。
悪なボスについていってるあたりそっくり……!
あと、ロゴのデザインはかくりよと近いものにしていただいたみたいです。
似てるけれど、かくりよより少しシャープな感じがします。
ぜひ見比べてみてください!

こちらはカクヨムで連載しておりました、かくりよの宿飯とつながる現世の物語。
前世はかの有名な大妖怪・茨木童子だった女子高生〝茨木真紀〟と、前世がその夫・酒呑童子だった男子高校生〝天酒馨〟の、千年の時を超えた転生現代ファンタジーという感じです。
今世こそはと人間らしい幸せを望んでいる高校生夫婦ですが、大妖怪だった記憶があるせいで人間離れが見え隠れしているので、いろいろつっこんでやってください。

少女漫画の殻を被った少年漫画、っていうタイプの少女漫画があるじゃないですか。
鬼嫁日記は、そういうのを目指して書いていたりします。
だけど自分らしい恋愛小説を書いているつもりでもあります。
コメディタッチですし、キャラノベのセオリーからは少し(いや結構?)離れているかもですが、
もしご興味ある要素がありましたら、ぜひ読んでやってください。

かくりよの宿飯と繋がってくるキャラクターもいますので、
こちらを読んでくださっている方は、そういうところもぜひぜひお楽しみに^^b


富士見L文庫様からはこちらの2冊ですが、
今月はこちらの2冊と同時に、かくりよの宿飯のコミカライズ版1巻と、
下旬に他者さんより、もう一冊小説を出す予定となっております。
特典など、今回は数多くありますので、追って連絡いたしますね!!


ではでは、どうぞよろしくお願い致します。


こんばんは!

かくりよの宿飯シリーズ、第4巻「あやかしお宿から攫われました。」が6月15日に発売されます。
書店によってはもう発売されているお店もあるみたいです^^
舞台は南の地、折尾屋になりまして、表紙の色合いからも分かる様に南国感たっぷりのお料理と物語が詰まっております。
今までとちょっと違うタイプの展開になりますが、楽しんでいただけましたら幸いです。

表紙の葉鳥さんが、まるで攫った張本人かの様なカッコイイオーラを放っております(濡れ衣)
葵ちゃんがいつもと違う装いで、キリッとした表情と爽やかで可愛い着物が印象的です。
あ、チビも居るよ…!
憂いの銀次さん……後ろに小さく居る魚屋はいったい……

ではでは、どうぞよろしくお願い致しますっ!!

Img_1e666166390ac6981ba83f0567966f26
こんにちは!

僕嫁(文庫版)の3巻と4巻が発売中ですのでご報告です。
イラストレーター様が4巻より“白井鋭利”様から“ふりすく”様へ変更となっております。
最終巻となります第5巻も来月発売となりますので、よろしければ!
流石に文庫版なだけあって、発売が早いですね……^^
Img_17a0fd3ebc462987eaa1c32c8e572b4a
Img_c78eb2fa7535f5c04866a4555903d1a8

また、かくりよの宿飯シリーズ第4巻が、来月の発売となります。
こちらも後ほど詳細をご報告させていただければ!

ではでは、どうぞよろしくお願いします〜!